☎お電話でお問合わせ

042-389-6621

スタッフ募集中 経験不問
詳細はお問い合わせ下さい。

個人のお客様向けページ

ご依頼頂いているお客様へ

平素より弊社をご愛顧頂きまして誠に有難うございます。
現在ご依頼を頂いている件に関しまして大幅な納期の遅れが生じております事をお詫び申し上げます。
大変なご迷惑をお掛けし誠に申し訳御座いません。
スタッフ一同休日返上にて遅延解消に努めておりますので、今しばらくお待ち頂きます様宜しくお願い致します。

重要なお知らせ

平素より弊社をご愛顧頂きまして誠に有難うございます。
先般、退職した弊社元スタッフが在職中に個人的営業を行い、代金を詐取していた事実が発覚 致しました。
又、企業機密を漏らし嘘を吹聴しお客様に多大なるご迷惑をお掛けした事も合わせてご報告致します。

弊社は法人企業として全てのお客様と必ず契約書を交わして営業をしております。
スタッフ個人がお客様と契約書を交わさず、代金を個人口座に振り込ませる様な事は御座いません。
また追加料金等の名目で現金での支払いを要求することも御座いません。
個人間での取引については弊社とは関係が御座いませんので責任を取る事が出来ません。
無用なトラブルに巻き込まれない為にも、くれぐれもご注意下さいますようお願い申し上げます。

その様な行為にお心当たりのあるお客様は、弊社の今後の対応の為にも御連絡下さいます様お願い申し上げます。
又、今後弊社では本件を調査し然るべき機関に報告する事も考えております。

今後は更なる信頼回復に努めますので末永くお付き合い頂けますようお願い申し上げます。

Gallery

戦士の銃

「銀河鉄道999」より
大日本技研 1/1 Scale FDM方式3Dプリント出力キット製作

今回ご紹介する作品は大日本技研さんの3Dプリントキットの戦士の銃です。
FDM方式に関しては下記リンク先を参照下さい。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%86%B1%E6%BA%B6%E8%A7%A3%E7%A9%8D%E5%B1%A4%E6%B3%95#/media/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:FDM_by_Zureks.png

簡単に言うと、樹脂のフィラメントを高熱で溶かして積層していく方法の事です。
細く伸ばした樹脂を重ねて積層して行くわけですから、出力品の表面はwikiのイラストの様に細かなデコボコになります。


今回のキット製作にあたって一番の難所はその各パーツ表面の磨き処理にあります。
各パーツを磨き形状を本来あるべき姿に仕上げていきますが、通常のプラモデルの感覚で400番辺りの紙やすりでは目が詰まってしまい作業が効率的に進みません。
120番辺りのかなり目の粗いヤスリで大まかに削り、徐々に番手を上げて一つ一つ仕上げて行きました。
本キットはディスプレイ用では無く実際に指定のモデルガンを仕込んで弾を発射出来る仕様なので各パーツのクリアランスなど内部の見えない部分も磨いてやる必要がありました。
大まかな磨きから最終的には水研ぎまでやらないと1つのパーツが仕上がらないので日に進められる作業にも限りがあり、下地処理で相当な時間がかかりました。

下地処理が終れば次は塗装です。
大部分がセミグロスブラックなので先にディテールアップした本物のネジ類を取り付けプライマーを塗布した状態で黒く塗装していきます。
次いでグリップの骸骨の装飾部にシルバーを塗装しエナメルの黒で墨入れをしました。
最後にグリップの木部に木目調塗装をしグラーデーションを入れて塗装は終了です。

最後にそれぞれ別で塗装したパーツを組み上げて戦士の銃の完成です。
下地処理9割 塗装・組み立て1割ほどの時間配分でした。

如何でしょうか!
松本零士先生の数々の作品に登場する戦士の銃がここに完成です。
作中でも珍しい銃ですが、弊社のご依頼品の中でも珍しいキットでした。
ちょっと特殊なキットをお持ちの方で、自分で組み立てられる自信がないなぁって方は是非弊社にご相談ください。
倉庫の片隅に眠っているお宝を目覚めさせましょう!

コメントを残す

*