Gallery

ミニカー(レジン製)の窓パーツ剥がれの修理

今回の内容は修理というほど大袈裟な物では無いのですが、ミニカーの窓の剥がれの修理です。
年間多くの修理を行っていますが、ミニカーの修理内容で多いのがこれです。

こんな感じでフロントガラスが剥がれて浮いてしまっています。
樹脂系のガラスだとならないですが、レジン製のミニカーにありがちな薄い透明板の場合経年劣化で剥がれてくる事があります。
勿論フロントガラスに限った物ではありません。

修理するにはまず慎重に一度透明板を剥がしてしまいます。
剥がした際に、透明板に塗装がされている場合があります。綺麗に剥がせた場合は良いのですが、たまに塗装が剥がれてしまう場合がありその時はタッチアップが必要です。

剥がした面をきれいにしたら再度貼り直すのですが、接着剤を使うと接着面が小さい為透明部分にはみ出したり、強度が取れなかったり色々厄介です。
そこでガイアノーツの 超極細両面テープを使って貼り直します。今回は1mmのものを使用しました。

こんな感じで元通りです。

如何でしょうか。
簡単そうに見えて剥がし方であったり、塗装が必要な場合があったり、テクニックが必要です。
同様の状態でお悩みでしたら一度ご相談ください。お待ちしております。

コメントを残す

*