☎お電話でお問合わせ

042-389-6621

個人のお客様向けページ

アクティブキャンペーン開催中!

コロナに負けるな!みんな元気になあれ!

全ジャンル製作料金 10%OFF!!

キャンペーン期間:2020.10/1 ~ 10/31

期間中にキット製作をご依頼頂いたお客様を対象に製作料金を10%OFF致します。
全ジャンルのキットからの製作が対象となります。
コロナによる気疲れを少しでも緩和させるお手伝いが出来たらと考えておりますので
この機会に奮ってお問い合わせ下さい!

Gallery

特急485系「いなほ」300番台国鉄色

参考作例
カツミ  1/80 Scale (HO)

新潟と秋田を結ぶ特急列車といえば、特急いなほが代表的です。沿線上にお米の産地が集中する事から、「いなほ」の名前が冠されました。
初代のいなほが走った頃はまだ電化されていない区間があり、当初はキハ80系が走っていました。
1972年に全区間が電化され、ダイヤ改正で特急の代名詞485系が導入されました。
485系いなほは今回製作しました国鉄色の他に、白ボディに青と水色のラインが入る1000番台、前面がスカイブルーで車体は白に青ラインが走る3000番台が導入され、活躍しました。

今回は国鉄色非貫通の485系いなほ300番台を、徹底的に改修して実物に近づけて製作します!

カツミ製のキット製作ですが、キット状態は実車と見比べるとディテールが不足しています。
特に妻面はツルッとしてしまっていて、そのままでは実物と異なる姿になってしまいます。
車間ダンパーやダクト等、本来あるべきパーツは全てキット以外から持ってきて、ディテールアップを施しました。

塗装はやはり前面のヒゲをはじめとする、ラインの塗り分けが命です。
左右のバランスはもちろん、各車輛ごとのラインの高さをキチッと合わせないと、つなげた時に格好悪くなってしまいます。
ヒゲはちょうどいい間隔になる様に切り出した極細マスキングテープを使い、正確かつ綺麗なラインをしっかり塗装します。
塗装・インレタの貼付け後は、ウレタンクリアーでコートしました。

さて、車体色についてですが、弊社では全て調色した塗料で彩色しております。
見方によっては好みが分かれる所ですが、お客様のご要望に合わせて調色し、色味を決めておりますので、もちろんご希望の色に仕上げられますよ。

最後に「いなほ」ヘッドマークをつけて、完成! よりリアルさを目指して、ヘッドマークの上に同サイズの透明プラ板をはめてあります。
妥協せずに徹底して作り込んだいなほは、本物と見紛う完成度になりました。
これぞNAGAEアートプロダクションの本気! 強いこだわりを持つお客様のご要望も、全力で受け止めます!

お問い合わせ

土日祝日も休まず受付中!
どんな事でもお問い合わせ下さい!


☎042-389-6621



フォームからのお見積りはこちら

コメントを残す

*