☎お電話でお問合わせ

042-389-6621

個人のお客様向けページ

重要なお知らせ

平素より弊社をご愛顧頂きまして誠に有難うございます。
先般、退職した弊社元スタッフが在職中に個人的営業を行い、代金を詐取していた事実が発覚 致しました。
又、企業機密を漏らし嘘を吹聴しお客様に多大なるご迷惑をお掛けした事も合わせてご報告致します。

弊社は法人企業として全てのお客様と必ず契約書を交わして営業をしております。
スタッフ個人がお客様と契約書を交わさず、代金を個人口座に振り込ませる様な事は御座いません。
個人間での取引については弊社とは関係が御座いませんので責任を取る事が出来ません。
無用なトラブルに巻き込まれない為にも、くれぐれもご注意下さいますようお願い申し上げます。

その様な行為にお心当たりのあるお客様は、弊社の今後の対応の為にも御連絡下さいます様お願い申し上げます。
又、今後弊社では本件を調査し然るべき機関に報告する事も考えております。

今後は更なる信頼回復に努めますので末永くお付き合い頂けますようお願い申し上げます。

Gallery

ビークスパイダー

タミヤ 1/32 Scale ミニ四駆製作

今回は弊社の数あるご依頼の中でも珍しい作品のご紹介です。
タミヤのミニ四駆をディスプレイ用に塗装で仕上げました。
マシンは販売当時大人気であったビークスパイダーです。
ビークスパイダーの登場は1995年とかなり昔の商品ですが、今回製作したのは2014年にリニューアル販売された「ビークスパイダー プレミアム」を使用しています。

ミニ四駆といえば走らせ、競わせるのが醍醐味ですが、このデザイン性からディスプレイとして映える作品になります。
今回の内容としては形状の変更は行わず、シールを使わず塗装で再現します。

通常のプラモデルを作る時同様に、ゲート跡、パーティングライン、パーツ表面のヒケ、のそれぞれを処理します。
ベースの黒を塗装し模様の赤や窓のゴールドを塗装します。
ここまでは普通の作業ですがここからミニ四駆塗装ならではの作業になります。
ミニ四駆を完成させるときには模様やロゴをシールを貼って再現しますが、今回は塗装で再現するということでまずはシールをスキャニングしてデカールデータを作成し出力します。
自作のデカールですとどうしても細かい印刷のピッチが出てしまいます。
また完全に色を一緒にすることが出来ません。そこでデカールを一通り貼った後クリアーでコートして、デカールの模様に沿って筆塗りしていきます。
今作の場合細かいクモの巣柄が全面にある為かなり神経を使いました。あまり厚く塗りすぎると表面がデコボコしてしまうので薄く均一に塗る様に心掛けました。

如何でしょうか。
全面塗装で再現することにより走らせるのが勿体ないほどの仕上がりになりました。

コメントを残す

*