☎お電話でお問合わせ

042-389-6621

スタッフ募集中 経験不問
詳細はお問い合わせ下さい。

個人のお客様向けページ

ご依頼頂いているお客様へ

平素より弊社をご愛顧頂きまして誠に有難うございます。
現在ご依頼を頂いている件に関しまして大幅な納期の遅れが生じております事をお詫び申し上げます。
大変なご迷惑をお掛けし誠に申し訳御座いません。
スタッフ一同休日返上にて遅延解消に努めておりますので、今しばらくお待ち頂きます様宜しくお願い致します。

重要なお知らせ

平素より弊社をご愛顧頂きまして誠に有難うございます。
先般、退職した弊社元スタッフが在職中に個人的営業を行い、代金を詐取していた事実が発覚 致しました。
又、企業機密を漏らし嘘を吹聴しお客様に多大なるご迷惑をお掛けした事も合わせてご報告致します。

弊社は法人企業として全てのお客様と必ず契約書を交わして営業をしております。
スタッフ個人がお客様と契約書を交わさず、代金を個人口座に振り込ませる様な事は御座いません。
また追加料金等の名目で現金での支払いを要求することも御座いません。
個人間での取引については弊社とは関係が御座いませんので責任を取る事が出来ません。
無用なトラブルに巻き込まれない為にも、くれぐれもご注意下さいますようお願い申し上げます。

その様な行為にお心当たりのあるお客様は、弊社の今後の対応の為にも御連絡下さいます様お願い申し上げます。
又、今後弊社では本件を調査し然るべき機関に報告する事も考えております。

今後は更なる信頼回復に努めますので末永くお付き合い頂けますようお願い申し上げます。

Gallery

飯田線クモハ50008

ピノチオ  1/80 Scale (HO) ブラスキット製作

旧型国電のメッカだった飯田線。時代が流れるに連れて、飯田線からも徐々に旧式の車輛は姿を消して行きますが、後期まで残っていた車輛がクモハ50008です。
元々はクモハ43系でしたが、電動機の出力を向上したクモハ53系を更に3扉化改造をした車輛がクモハ50系で、何輛か作られた中で最後まで活躍した車輛がこのクモハ50008なのです。
晩年は前面の幌が外され、本来幌がある部分はクリーム色に塗り分けられているのが特徴です。こうした複雑な経緯によって誕生した車輛が数多く在籍していたのも、飯田線の特徴ですね。
早速製作していきましょう!

ピノチオのキットはクモハ50系のくくりでリリースされており、50008を再現するには前面上側にワイパーが付く片方にHゴムが入るタイプの前面を選択して組立てます。今回は前途の幌枠が撤去されたタイプにご希望を頂いたので、幌枠は取付けずに進めます。
飯田線で毎回悩むのはパンタグラフ回りの屋上配管です。現代の車輛でも屋上配管がはっきり分かる資料は多く無く、まして旧型国電車輛が集まる飯田線ともなると正確な資料が殆どないと言っても過言ではありません。
その上一輛ごとに配管の入り方が全く異なるため、なるべく資料で配管が分かるものを集め尽くして、見えない所はこうなっているだろうと推測を織り込みながらパイピングを施す事になります。その際に、他の屋上機器にあたらない様に気をつけましょう!

塗装はお馴染みの横須賀色、いわゆるスカ色です。今回は幌枠が無い為、前面は幌枠の形に合わせた塗り分けを施します。塗装用のアタリは造形されていない為、マスキングの正確さが要求されますね。

組立てて完成したクモハ50008。飯田線旧型国電の中でも末期まで活躍した車輛の勇姿が蘇りました!

コメントを残す

*