☎お電話でお問合わせ

042-389-6621

スタッフ募集中 経験不問
詳細はお問い合わせ下さい。

個人のお客様向けページ

ご依頼頂いているお客様へ

平素より弊社をご愛顧頂きまして誠に有難うございます。
現在ご依頼を頂いている件に関しまして大幅な納期の遅れが生じております事をお詫び申し上げます。
大変なご迷惑をお掛けし誠に申し訳御座いません。
スタッフ一同休日返上にて遅延解消に努めておりますので、今しばらくお待ち頂きます様宜しくお願い致します。

重要なお知らせ

平素より弊社をご愛顧頂きまして誠に有難うございます。
先般、退職した弊社元スタッフが在職中に個人的営業を行い、代金を詐取していた事実が発覚 致しました。
又、企業機密を漏らし嘘を吹聴しお客様に多大なるご迷惑をお掛けした事も合わせてご報告致します。

弊社は法人企業として全てのお客様と必ず契約書を交わして営業をしております。
スタッフ個人がお客様と契約書を交わさず、代金を個人口座に振り込ませる様な事は御座いません。
また追加料金等の名目で現金での支払いを要求することも御座いません。
個人間での取引については弊社とは関係が御座いませんので責任を取る事が出来ません。
無用なトラブルに巻き込まれない為にも、くれぐれもご注意下さいますようお願い申し上げます。

その様な行為にお心当たりのあるお客様は、弊社の今後の対応の為にも御連絡下さいます様お願い申し上げます。
又、今後弊社では本件を調査し然るべき機関に報告する事も考えております。

今後は更なる信頼回復に努めますので末永くお付き合い頂けますようお願い申し上げます。

Gallery

ポルシェ 935 Vallelunga 1976

タミヤ/スタジオ27 1/24 Scale トランスキット製作

今回ご紹介致します作品はスタジオ27さんのトランスキットを使用して製作したポルシェ935です。
レースでの活躍と同時期に日本ではスーパーカーブームが起こっており、その人気車種の一つであるポルシェを代表するレーシングカーであった事から当時からプラモデルやラジコン・消しゴム等と商品化されておりました。935=マルティーニのイメージが強く今でも世界的に人気の高いレーシングカーです。

それでは早速見て行きましょう!!
タミヤ製の934のキットをベースに使う様に指示されておりますが、実際に使用するのはシャーシとクリアパーツのみでそれ以外は全て27さんのパーツを使用して組み立てて行く内容です。
製作に関しては27製のボディパーツの下地処理から始めます。
レジン製のボディではありますが、下地処理に関してはパーティングラインの処理やパネルラインの掘り直し等プラモデルと同じ感覚で進めます。
処理が終りましたら次は塗装の段です。
ベースの白を吹き付けた後に特徴的なライン等のデカールを貼っていきます。
リアフェンダーからウイング下部へと続くラインは途中途中でカットされたデカールを繋げて貼っていくのですが複雑な凹凸や曲面等もあり一筋縄では位置が決まりません。
本キット製作に於いての一番の難所がこのラインデカール貼りではないでしょうか。
難しいデカール貼りが終ったら次はスポンサーデカール等細かな物を貼ってデカール貼りは完了です。
この後の工程でウレタンを吹くのでデカールを十分乾燥させておきます。

デカールの乾燥の合間にシャーシを仕上げていきます。
仕上がりの色を見て、先に取り付けても構わない部品は取り付けて行きます。
シャーシの組み立て塗装が終りましたら、ホイールを仕上げて行きます。
ホワイトメタルで成型されており、その金属の色味を生かす為に大まかなバリを取ったあとはピカピカになるまで磨いていきました。
タイヤも中心にパーティングラインがありますので、電動ドリルに固定してパーティングラインが無くなるまで磨いてあります。

シャーシ周りの組み立て塗装が終りましたので、ボディにはウレタンを塗布します。
1回目はデカールの段差消しが目的なのでデカールの周囲を気持ち厚めにウレタンを乗せました。
翌日にデカールの段差を消して2回目仕上げのウレタンコートです。
全体が均一な塗膜になる様心がけて塗布します。
更に翌日にウレタンの硬化を確認して最終組み立てに入ります。

如何でしょうか!
少年の日に憧れだったあのレーシングカーがお手元に!
今回の様に改造キットを使用しないと手に入らない初期型は勿論の事、一般販売されている商品も貴方のお好みに応じて製作致します。
この機会にスーパーカーブームをコレクションで再燃させてみては如何でしょうか!

コメントを残す

*